MENU
CLOSE
CART

NEWS

Oct 26, 2022

Eco Fur Collection

世界中で人気なエコファーとは?

 

数年前から、ハイブランドでも取り扱うようになり、秋冬のファッションアイテムとしてすっかり欠かせないエコファー。
皆さんも耳にされたことがあるかもしれません。

エコファーの「エコ」とは ecology からの eco。
動物に優しく、衛生面を考えた社会への配慮。

ファッションやメイクなど必要でない贅沢品のために、動物を苦しませたくないと考える人が増えているのが、エコファーが世界中で広まっている主な理由です。

 

MUSÉEもこの考えに賛同し、人間、動物、そして地球のみんなに優しい社会を作るためにも(ファー製品に限らずですが)環境に配慮し、丁寧に製品を生産しているブランドを選ぶことを大切にしています。

今回ご紹介する2つのブランドは、とても素晴らしい企業理念を持つブランドです。
是非ご一読ください。


■ jakke(ジャッキー)

ロンドンを拠点とし、2015 年にデビューしたアウターブランドjakke。
ブランドコンセプトである ”動物保護” をモットーにエコファーを採用したポップなアイテムを提案しています。

jakke の1番の魅力は、他のエコファーブランドの中でも首位に立つほどの環境への配慮。最新コレクションでは、使用している繊維の約50%にリサイクルプラスチックボトルを使用していると公表されています。

商品発送の梱包材には、100%紙素材を使用するなど、可能な限り地球への負担を減らすことを念頭に置いたサスティナブルなブランドスタイルで、お手頃な価格であることも人気の理由です。

 

今季のMUSÉEでは、ショート丈のアウターをいくつかセレクト。コンパクトなサイズ感ながらも、ボリューム感のあるシルエットは、羽織るだけでいつものコーディネートを、今っぽい雰囲気にプラスしてくれること間違いなしです!

〔jakke.〕DAISY
2サイズ展開:36・38
¥39,600(税込)

〔jakke.〕TRACI
2サイズ展開:36・38
¥41,800(税込) 

 

■ CLOUDY(クラウディ)

CLOUDYとは、アフリカの伝統的な民族柄や布をモダンかつポップなデザインに融合したアパレルブランドです。

雇用創出を目的とした自社縫製工場をアフリカに運営し、収益の一部はNPOやNGOを通じて、アフリカの雇用、教育、健康をはじめ、貧困層への支援に充てられています。

そんな活動に共鳴し、MUSÉE も支援活動の一環として何か出来ないかと昨年よりコラボをスタート。

今回のコラボレーションアイテムでは、1個の売上につき、8食の給食がガーナの学校に支給されます。「8 MEALS FOR AFRICA」と書かれたワッペンにはそんなメッセージが込められています。

 

アフリカのアートといえば、民族調の仮面や動物の彫像を思い浮かべられるかもしれませんが、CLOUDYの製品は世界に通用するデザインで、表地はMUSÉE のお客様も挑戦いただけそうな、鮮やかだけでない少しシックなアフリカンファブリックをセレクト、裏地にはエコファーを使用しました。 

ペットボトルや長財布がちょうど入るくらいの大きさ。
リバーシブルでお使い頂け、その日のコーディネートで使用シーンを使い分けることができます。

どんなスタイルにも合わせやすく、このバッグ1つで一気に冬らしいコーディネートに!
今回の企画に賛同してくださる方は、是非手に取ってみていただけると嬉しいです。

〔CLOUDY〕MUSÉE別注 ECO FUR BAG
2色展開:GRAY / RED

¥9,350(税込) 

 

INSTA LIVEでも Eco Fur Collection を使ったコーディネート紹介をしているので、ぜひ参考にしてみてください。

ご紹介INSTA LIVEはこちら▷▶︎

 

 

取り扱い店舗

FROM FIRST MUSÉE OSAKA
06-6450-8649

FROM FIRST MUSÉE 神戸BAL CONCEPT STORE
078-338-2929

FROM FIRST MUSÉE なんばパークス LIMITED STORE
06-6536-8895

オンラインストア
問い合わせ

ポイント
×
ポイント
×