MENU
CLOSE
CART

BLOG

Feb 26, 2021

おうちでできる「ニットのお手入れ方法」

ニットのお手入れ方法

これからワードローブの軸となるニットをメインとした冬素材は、繊細な生地だけにお手入れが不可欠。
クリーニングにはお金がかかるし、、などお悩みの方も多いのではないでしょうか。
そこで、お気に入りのニットを長く着続けるために、おうちで簡単にできるお手入れ方法をご紹介させていただきます。

ニットを長持ちさせるには「普段のお手入れ」が大事です。

ニットのお手入れ方法

─1日着用したお洒落着ニットは休ませる

1日着たニット、毎回お洗濯しないという方も多いと思いますが、すぐに片付けてはいけません。
肩の部分に厚みのあるハンガーに一時的に吊るし、ニット専用のブラシでホコリを落とします。
そうして数時間休ませてから、たたんで片付けます。
※ハンガーに長時間吊るすと型崩れの原因になってしまうので選ぶハンガーと時間には注意が必要です。

意外と知らない!?毛玉のお手入れ

ニットの毛玉取りお手入れ方法

─お気に入りのニットに毛玉が、、、!
▶︎ニットの種類によって適切な取り方を

1,ウールやカシミアなどの天然繊維なら「ブラシ」タイプを。
しっとりしたウールや起毛感のある柔らかいニットなどの天然繊維ニットは、生地を傷めにくい「ブラシ」タイプがおすすめです。
・洗濯塾 毛玉取りブラシ

2,ポリエステルなどの化学繊維なら「電動」タイプを。
化学繊維の分量が多い強度があるニットは穴が開く可能性が低いため、素早く毛玉が取れる「電動」タイプのものを。
・イズミ 毛玉取り器

ニットのブラッシングお手入れ方法

─冬に気になる静電気をおさえたい!
▶︎「ブラッシングで一石二鳥の効果」

着用や摩擦で乱れた毛の向きを整えて毛玉を予防したり、においの一因になる細かいチリやホコリを取り除いたりできます。
お出かけ前や着用後にブラッシングすることで帯電を防げ、ニットのツヤ出しや毛玉対策にも有効ですよ。
毛と相性がよく、静電気の起きにくい天然毛ブラシがおすすめです。

ニットのお手入れ方法

─においは常にリセットしたい!
▶︎スチームアイロンがにおい取りにも形くずれにも対応

表面についたにおいであれば風通しの良い日陰で干すだけで大丈夫ですが、スチームアイロンをあてることで繊維の奥のにおいまで取り除くことができ、同時に形くずれを整える利点も◎

ニットのお手入れ方法

─着用前、後にスプレーをひと吹き!
▶︎「予防とケア」におすすめ

1,スプレーすることで毛羽を出にくくし、毛が絡み合うのを抑える作用がある毛玉防止スプレー。
着用前に毛玉ができそうなところに吹きかけるだけでいいのは嬉しいアイテムですね!
・undeg〔アンデグ〕毛玉予防スプレー

2,悪臭のもとになる「汗をかいたままの保管」はNG!
体臭は内側にこもるため、汗をかいたらまず裏返しにして風通しをよくし、抗菌・消臭効果のあるスプレーを吹きかけるのが得策です。
・ファブリックミスト / フレディーレック・ウォッシュサロン

次のシーズンにも気持ちよく着るために

ニットのお手入れ方法

お気に入りのニットを長持ちさせて冬のコーディネートを楽しみましょう!

ポイント
×